FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

練馬区が委託12園を発表!

12月6日の練馬区議会健康福祉委員会で、練馬区は平成28年までに委託する保育園の名称を発表しました。以下のとおりです。

平成23年度東大泉第二平和台
平成24年度石神井町さくら光が丘第六
平成25年度貫井第二光が丘第十
平成26年度関町第二春日町第三
平成27年度上石神井第二光が丘
平成28年度桜台第二早宮


【練馬ふぼれんの見解】

練馬ふぼれんは、今回発表された12園を含め、保育園の委託計画全体を根本から見直すよう求めています。主な理由は、次の3点です。

  1. 練馬区は、保育園委託の必要性について、保護者の理解が得られるような説明・資料を、何ら提示していない。
  2. すでに委託された3園について、子どもたちにどんな影響があり、どのような対応をしたのか、今後どのような方策が必要なのか、最低限の検証もしていない。
  3. 16園を委託した先に、どのような保育政策を展望しているのか、将来に向けた保育ビジョンを区は示していない。

既存の保育園を委託するのは、大変困難な事業です。子どもたちへの影響は避けられません。それに耐えうるだけの事業者は全国で奪い合いの状況で、今後練馬が16社もの優良法人を迎えるのは、事実上不可能です。練馬区の計画は、その規模においても手法においても、そして将来における練馬の保育の質に与える影響という観点からも、立案自体に無理があり、深刻な問題が内包されていると言わざるを得ません。

スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

練馬ふぼれん

Author:練馬ふぼれん
練馬ふぼれんは、区内の保育園の父母会や保育園に子どもを預けている父母があつまって活動している会です。正式名称は「練馬区保育園父母連合会」といいます。詳しくは、父母連ホームページをご確認ください。

ブログ検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。