子ども子育て支援新制度を考えるシンポジウム

【子ども子育て支援新制度を考えるシンポジウム】
~保育ジャーナリスト猪熊弘子さんを迎えて~

100名のご参加で大成功!ありがとうございました

<日時>10/5(日)am10:00~ 9:45開場、終了予定12:00

<場所>練馬駅(北口)まえ「ココネリ」3F
 (区立区民・産業プラザ=練馬区練馬1丁目17-1、電話:03-3992-5335)

<ご案内>
*幼稚園はだいじょうぶ?
*保育園もしんぱい!
*学童クラブはどうなる?

~何よりも子ども達のために!みんなで考えましょう~

政府は幼稚園や保育園の制度を大改変する「子ども子育て支援新制度」を来年度から実施しようとしています。しかし未だにその詳細が決まっていません。このまま急いで実施していいのか?本当に子ども達に良い制度なのか?各施設はどうなるのか?立場の垣根を越えてみんなで考えたいと思います。

<コーディネーター>
猪熊弘子さん(ジャーナリスト)
プロフィール:東京都市大学人間科学部客員准教授/保育・教育、子どもの問題、施策を主なテーマに、執筆・翻訳のほか、テレビ・ラジオのコメンテーターや講演も行なう/4児の母/著書に、『死を招いた保育』(ひとなる書房)『「子育て」という政治』 (KADOKAWA/角川マガジンズ)

<パネリスト>(一部要請中)
幼稚園から/保護者から/認可保育園から/認証保育園から/学童クラブから

<主催>練馬区保育問題協議会
連絡先:eメール:n.homonkyo@gmail.comブログ:[練馬保問協][検索]
スポンサーサイト

コメント

Secret

プロフィール

練馬ふぼれん

Author:練馬ふぼれん
練馬ふぼれんは、区内の保育園の父母会や保育園に子どもを預けている父母があつまって活動している会です。正式名称は「練馬区保育園父母連合会」といいます。詳しくは、父母連ホームページをご確認ください。

ブログ検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク