FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光四の公募はじまる!

今日21日付の『ねりま区報』に、光が丘第四保育園の運営事業者を募集する記事が掲載されました。光四の子どもたちや保護者たちの悲鳴をよそに、とうとう公募が始まってしまいました。以下は区報3ページ掲載の記事を打ち直したものです。



光が丘第四保育園を運営する事業者を募集

平成21年4月から光が丘第四保育園(光が丘7の3の1の102)の運営を委託する民間事業者を募集します。事業者の選定は、プロポーザル(事業提案)方式で行います。事業者には、通常の保育のほか、障害児保育への対応や、2時間を超える延長保育も行っていただく予定です。

▽対象
認可保育所を運営している法人
▽委託期間
21年4月1日(水)~24年3月31日(土)
※20年4月1日(火)~21年3月31日は委託準備期間とします。
▽募集要領の配布場所
児童青少年部計画調整担当課(区役所本庁舎10階)
※区ホームページ「事業者向け」からも取り出せます。
▽申込
直接または郵送で、12月25日~2月1日(必着)に計画調整担当課保育計画担当へ

<説明会>・・・1月13日(日)午前10時から
▽ところ 区役所本庁舎20階
▽申込 電話で保育計画担当へ
<施設見学会>・・・1月13日(日)午後2時から
▽申込 電話で保育計画担当へ
◎問合せ 保育計画担当




スポンサーサイト

【イベント紹介】守ろう子どもの権利、みんなの宝! 区立保育園

日時;12月15日(土)午前10時30分~12時
場所;東京土建練馬会館3階会議室
報告;民間委託計画の現状、意見交流

終了後キッズパレードをします。

区役所一周と練馬駅前商店街からつつじ公園まで、みんなでチラシをまきながら宣伝しましょう。横断幕や装飾を持ってきてください

主催;公的保育を守る練馬連絡会


ふぼれんにゅーす

『ふぼれんにゅーす』を発行しました。

※全文はコチラ(PDF)

※誤植のお詫び
トップページ記事内    (誤)石神井さくら→(正)石神井さくら
PDFファイルは、誤植を訂正してあります。

学習会のお知らせ

光が丘第四保育園の公募が、今月中にも強行されそうな情勢です。一方、延期されたとはいえ、豊玉第二保育園の公募は来年2~3月に迫っています。

そんな中、練馬ふぼれんは、以下の学習会を企画しました。指名園では、公募・事業者選定・引継ぎと、委託に向けた手続きが推し進められようとしています。行政のかたくなな姿勢と対峙した保護者は、いったい何をすればいいのでしょうか。全国的に見ても、行政と最もシビアな交渉をしてきた横浜の経験に学びたいと思います。

日 時:12月9日(日)午後1時受付、1時30分開始
場 所:貫井地区区民館
テーマ:「公募・選定で要求したこと~横浜での委託における父母の運動」
講 師:佐藤正勝さん(ほうんネット代表世話人・横浜裁判元原告)

※保育受付します。
保育は今のところ学生さん(3名)にお願いしています(社協の保険加入)。
その関係上、必ず事前に連絡いただけるようよろしくお願いします。
申込先;ふぼれん事務局・早川まで
右のメールフォームまたは nerifubo@gmail.com
FAX 03-3970-7105
お子さんの年齢とアレルギーの有無をお知らせ下さい。

【忘年会のお知らせ】
学習会と同じ日の5時頃から中村橋、練馬付近で忘年会を予定しています。参加可能なかたはお知らせ下さい。人数の確認が必要ですのでこちらも早川まで。(子どもの有無もお知らせ下さい)日頃忙しい中、充分な交流ができず、様々な話し合いを重ねていますが、年末に向けてパワーアップできるよう、楽しい飲み会にしましょう。是非ご参加下さい。

練馬区が委託12園を発表!

12月6日の練馬区議会健康福祉委員会で、練馬区は平成28年までに委託する保育園の名称を発表しました。以下のとおりです。

平成23年度東大泉第二平和台
平成24年度石神井町さくら光が丘第六
平成25年度貫井第二光が丘第十
平成26年度関町第二春日町第三
平成27年度上石神井第二光が丘
平成28年度桜台第二早宮


【練馬ふぼれんの見解】

練馬ふぼれんは、今回発表された12園を含め、保育園の委託計画全体を根本から見直すよう求めています。主な理由は、次の3点です。

  1. 練馬区は、保育園委託の必要性について、保護者の理解が得られるような説明・資料を、何ら提示していない。
  2. すでに委託された3園について、子どもたちにどんな影響があり、どのような対応をしたのか、今後どのような方策が必要なのか、最低限の検証もしていない。
  3. 16園を委託した先に、どのような保育政策を展望しているのか、将来に向けた保育ビジョンを区は示していない。

既存の保育園を委託するのは、大変困難な事業です。子どもたちへの影響は避けられません。それに耐えうるだけの事業者は全国で奪い合いの状況で、今後練馬が16社もの優良法人を迎えるのは、事実上不可能です。練馬区の計画は、その規模においても手法においても、そして将来における練馬の保育の質に与える影響という観点からも、立案自体に無理があり、深刻な問題が内包されていると言わざるを得ません。

緊急要望書を提出しました!

練馬ふぼれんは12月4日、以下の緊急要望書を区長はじめ関係各所に提出しました。

★豊玉第二保育園の委託計画のさらなる延期を求める要望書

  1. なぜ、この時期の計画変更なのか、きちんと説明してください。
  2. 1年程度の延期では、問題の解決にはなりません。最低3年の延期を求めます。
  3. 保護者の同意なく、委託計画を強行しないでください。

※全文はコチラ(PDF)


★光が丘第四保育園の委託計画延期等を求める要望書

  1. 12月7日と9日に予定される個別説明会は、中止してください。
  2. 12月中に予定される事業者公募は、延期してください。
  3. 保護者の同意なく、委託計画を強行しないでください。

※全文はコチラ(PDF)


★区立保育園委託計画全体の抜本的見直しを求める要望書

  1. 年内に予定されている12園の委託予定園の公表は、しないでください。
  2. すでに公表されている4園を含め、16園全体の委託計画を抜本的に見直してください。

※全文はコチラ(PDF)


光が丘第四保育園の個別説明会強行!

ご報告が遅れて申し訳ありません。練馬区は11月28日、光が丘第四保育園(光四)の保護者に、個別説明会を開くと一方的に通知して来ました。


日時:12月7日(金)午後6時30分~(2時間程度)
   12月9日(日)午後2時~(2時間程度)
場所:光が丘第4小学校1階 ランチルーム



これまでの経緯を簡単にまとめます。

★6月30日 光が丘地区全体説明会
光四保護者を中心に92名が参加。納得のいく説明が全く得られなかったという声が大多数。

★9月18日 光四保護者が議会に陳情提出
12月予定の公募の延期と、保護者の納得と理解が得られないまま強行しないよう求める内容。

★11月6日 練馬区が個別説明会(11月17日)の開催を通知
予定日の同時刻に、園内での学習会がすでに予定されていて、練馬区はそれを知っていた。にもかかわらず、ちょうど重なる時間帯を指定してきたことなどから、保護者が反発。

★11月14日 練馬区が個別説明会の開催延期を通知
この日までに保護者からの参加申込がゼロだったことが理由。

★11月17日 光四園内での学習会
この場で、個別説明会の開催に向けた条件などを話し合うため、練馬区と意見交換する場を設定するという方針を確認。後日練馬区に打診。

★11月26日 練馬区が議会で、豊玉第二保育園の委託を1年延期する一方で光四は計画通り進めると表明

★11月28日 練馬区が個別説明会(12月7日と9日)の開催を通知
保護者が打診していた「意見交換会」については、練馬区は何ら回答せず。

★12月7日、9日 個別説明会(予定)

★12月xx日 事業者募集開始??


練馬区の意図は、公募の実施に向けて「保護者には説明をしました」という形を整えておきたい、というところにあるのは明らかです。つまりアリバイ作りです。

※文責;練馬ふぼれん代表委員 笠本

プロフィール

練馬ふぼれん

Author:練馬ふぼれん
練馬ふぼれんは、区内の保育園の父母会や保育園に子どもを預けている父母があつまって活動している会です。正式名称は「練馬区保育園父母連合会」といいます。詳しくは、父母連ホームページをご確認ください。

ブログ検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。