FC2ブログ

練馬の親たちに役立ちそうな本

本の紹介です。今の練馬の保護者にこそ、ぜひ手にとって読んでいただきたいと思います。

「ほっとけない! 親たちの公立保育園民営化問題Q&A」
ほうんネット編、ひとなる書房


・行政が民営化を検討しているようです。まずは何をすべきですか?
・うちの子の園が民営化されると発表されました。保護者は何をすればいいですか?

などの設問に、この問題に取り組む全国の保護者らが回答を寄せています。各地の事例や保育園民営化をめぐる政策の批判的検討、ちょっとしたお役立ちグッズやミニアイデアまで、内容は盛りだくさんです。

練馬からも、ふぼれん代表委員やOBが、ささやかな原稿を寄せています。

インターネット経由だと、「セブンアンドアイ」と「アマゾン」から購入できます。

スポンサーサイト

説明会に行こう!

事実上、新たな委託4園を対象とする練馬区主催の説明会が、以下記載の要領で開かれます。今回名前が挙がらなかった園のみなさんにとっても、無関係とは言えません。この4園を含む16園が今後順次委託されていく訳ですから。ぜひ足を運んで、練馬区がどんな説明をするのか、ご自身の目と耳で確かめてください。

特に豊玉第二保育園は定員45という小規模園です。動員力にも限界があります。しかも園舎建替えに伴い、運営主体の変更、園舎の変更と仮園舎での引継ぎ、大幅な定員増というトリプルパンチの激変に、子どもたちが見舞われることになります。

光が丘第四保育園には、あの光八から転園してきた児童が複数いるそうです。

高野台や北町の保護者とも合わせ、当事者になってしまった親たちの悲痛な訴えを、ぜひ聞いてください。

6月30日(土)
9:30~11:30 練馬区職員研修所 2階研修室
14:00~16:00 光が丘第二小学校 体育館

7月1日(日)
9:30~11:30 石神井講演区民交流センター 3階大会議室
14:00~16:00 北町中学校 第二屋内体育館(格技室)


※いずれの会場でも、保育室が利用できます。保育の申込は6月27日(水)締切。申し込み先は計画調整担当課です。

2007年度総会が終わりました

昨日24日、2007年度練馬父母連総会が終了しました。多数の方々のご出席をいただき、ありがとうございました。先週18日、新たな委託方針を練馬区が発表したのを受け、急遽追加議案を提出いたしましたが、いずれも拍手をもって可決されました。

練馬ふぼれん2006年度総会議案 (144kb)

練馬ふぼれん2006年度総会追加議案 (104kb)

名前が挙げられた園がバラバラに対応するのでなく、相互の意思を尊重しながら、みんなで一緒にやっていきましょうという基本方針が確認されました。

総会終了後、さっそく4園の保護者たちが集まって、情報交換・意見交換を行っています。

父母連としても、できる限りのお手伝いをしたいと思います。

父母連はどこまでも子どもと保護者の味方でありたい

6月24日の父母連総会は、例年とは全く異なる意味を持ちそうです。平成28年までに16園を委託するという練馬区の強硬姿勢に直面し、われわれ保護者はどうすればいいのでしょう?

父母連は、練馬区内の保育園相互の連絡係みたいなものです。それぞれの園の、それぞれの考え方を尊重することが、父母連の大前提です。

あくまで反対を貫き通したいなら、父母連はその方向でお手伝いをいたします。

子どもたちのために少しでも良好な保育環境を確保したいなら、父母連は、過去の経験を踏まえながら、その方向で知恵を絞ります。

かつて、父母連と光八とが、委託問題に直面しての意見の相違から、相互の関係が断絶してしまったことがあります。そのような苦い経験を、父母連は繰り返したくはありません。

特にこのたび指名された4園の保護者のみなさん。自分の思いを素直に発信してください。その思いに沿うよう、父母連は可能な限りのサポートをするつもりです。

昨日の議会配布資料

昨日の議会(健康福祉委員会)で配布された資料を、やっとPDFに直すことができました。決してきれいなスキャンではありませんが、読むには差し障りないと思います。父母連HPに格納しました。以下リンクをクリックしてダウンロードしてください。

区立保育園の運営業務の民間委託について(2P、193kb)

区立保育園の運営業務の民間委託について(保護者配布用、4P、460kb)

区立保育園の運営業務委託検証結果報告書(概要)(2P、293kb)

区立保育園の運営業務委託検証結果報告書(6P、906kb)

平成18年度保育園利用者アンケート集計結果(3P、350kb)

自由意見欄集計(アンケートの続き。6P、1.05Mb)

プロポーザル募集要領比較(1P、93KB)

職員配置基準(経験年数等)比較(1P、153kb)

研修実績(1P、140KB)



練馬ふぼれんが緊急抗議声明

練馬ふぼれんは、本日の新たな委託4園の園名発表について、断固抗議する旨の緊急声明を発表しました。

ドタバタして深夜になってしまいましたが、全文を以下に掲載します。

コチラにPDFでアップしてあります。



次期委託園の名称公表に抗議する緊急声明

2007年6月18日
練馬区保育園父母連合会(練馬父母連)
代表委員会一同

 本日の練馬区議会健康福祉委員会で、練馬区は、平成21年4月に豊玉第二保育園と光が丘第四保育園、平成22年4月に北町保育園と高野台保育園を、民間事業者に運営委託することを発表しました。さらに、これら4園を含む16園の運営業務を、毎年2園ずつ、平成28年度までに民間に委託する旨を表明しました。

 一方、すでに委託された3園の検証結果については、事業者職員の退職や引継ぎのための勤務日数の確保の困難などが要因となり、引継ぎが不十分であったとし、それらは、事業者決定から準備委託までの期間、および準備委託期間自体が短期間であったことに起因している旨が述べられているに過ぎません。無垢な子どもたちにかかった負担の大きさ、程度、その原因、そして今後このような負担を最小限に緩和していくためにはどのような方策が必要なのかなど、最も枢要な部分については、いっさい触れられていません。

 練馬父母連は昨年来、練馬区に対し、3園の委託について真摯に検証し、その結果を保護者に納得できるよう説明することを、強く求めてきました。ところが今回の検証結果は、その内容において保護者の理解を得られるものとは程遠いものです。そればかりでなく、練馬区は、保護者への説明を全く行わないうちに、新たに委託する4園の名称を発表しました。

 われわれ練馬父母連は、今回の練馬区の不十分な検証結果と新たな委託園の発表に対し、最大限の怒りをもって強く抗議するとともに、計画を撤回し、子どもたちを中心にした練馬区の保育のあり方について、真摯に話し合う場を持つよう、練馬区に求めるものです。

以上


【速報】次の委託計画発表!!

本日の区議会(健康福祉委員会)で練馬区が、次の委託園の名称を含む以下の内容を公表しました。取り急ぎ事実関係のみお伝えします。

◆次の委託園

豊玉第二保育園、光が丘第四保育園(平成21年4月)
北町保育園、高野台保育園(平成22年4月)

当面、平成21~28年度の8年間に、区営保育園と私立保育園・民間委託保育園の割合が概ね半々となるように、16園の運営業務を民間に委託する。

◆21年度のスケジュール

今年12月~来年2月  事業者募集・選定
20年4月~21年3月 準備委託期間
(うち合同保育21年1~3月)
21年4月       委託開始

◆保護者等への説明会

6月30日(土)9:30~ 練馬区職員研修所 研修室
   14:00~ 光が丘第二小学校 体育館
7月 1日(日)9:30~ 石神井公園区民交流センター大会議室
   14:00~ 北町中学校 第二屋内体育館 格技室

◆すでに委託した3園の検証結果

※長くなるので割愛しますが、ごく単純に言うと、さまざまな困難が生じたのは、引継期間が3ヶ月という短期間だったことに起因する、といった内容です。

父母連総会と関連イベントに、ぜひお越し下さい

遅ればせながら、6月24日の父母連総会に関する資料を、PDF形式でダウンロードできるようにしました。

父母連総会開催のご案内 (113kb)

練馬ふぼれん2006年度総会議案 (144kb)

また、父母連総会に先立って開かれる練馬区子育て学習委託講座「公立保育園の民営化を考える」のチラシは、やはりPDF形式で以下のリンクからダウンロードできます。

委託講座チラシ (72kb)

以上は自由に配布できます。ぜひ広めてください。
また、当日は、多くの方からの参加をお待ちしています!

プロフィール

練馬ふぼれん

Author:練馬ふぼれん
練馬ふぼれんは、区内の保育園の父母会や保育園に子どもを預けている父母があつまって活動している会です。正式名称は「練馬区保育園父母連合会」といいます。詳しくは、父母連ホームページをご確認ください。

ブログ検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク