FC2ブログ

練馬区に再度質問状を提出しました。

10月10日に提出した質問状について、練馬区から回答がないため、本日、再度質問状を送付しました。
以下はその全文です。

----------------------------------------------------------

練馬区児童青少年部長 殿
      保育課長 殿

                        2006年11月15日
                        練馬区保育園父母連合会
                        事務局 (氏名)
                            (所在地)

区立保育園民間委託に関する質問状

日頃より、大変お世話になっております。先般お話させていただきました今後につきまして、改めて書面にて要望させていただきます。

今後の区立保育園民間委託計画についての保育園父母、保護者に対しての情報提供が不十分であることから、各保育園父母および保護者の間から次は該当園になるのではないかと言った心配や不安を訴えているとのお話を、多方面にわたり耳にいたします。

昨年、区側主催にて2回開かれた全体会議において十分な説明がなされず、その後、時間だけが経過しており、該当園以外の父母、保護者に対しては統一した説明会が開かれておりません。区報やHP等でも状況を把握するだけのものがなく、人づてに聞き及ぶ程度の内容で現在に至っているのが現状だと思います。

委託実施園が存在していることと、委託計画が凍結されていないことを考えますと、これ以上の不安や、あらぬうわさに心労を重ねる日々が続かない為にも、練馬区の保育行政についての現状と今後について、どのような状況なのかを保育園を利用している父母、保護者に対して、練馬区としての考え方、または、保育課としての考え方としてでも構いませんので出来る限りわかりやすくご説明をいただけないかと考えております。

難しい点もあるかとは思います、断言できない点も多々あるとは思いますが、保育園父母や保護者のおかれている現状についてもご理解いただきまして早期の情報提供(区報又は全園に対しての資料の配布等)を是非ともお願い申し上げます。

先に提出しました「質問状」とあわせて、ご返答くださいますよう重ねてお願いいたします。ご返答は、おそくとも11月末までにお願いします。

スポンサーサイト



子育て講座のご案内

子育て講座
「いま、子どもをもって働くということ-すれちがう両立支援の現状と課題を考える-」

講師: 萩原久美子さん(フリージャーナリスト)
   (読売新聞社記者を経て、2003年よりフリー。労働・児童福祉を
    中心に家庭と仕事の両立をテーマに渡米し、研究活動を行う。最近
    では、公立保育園の委託化・民営化の取材も精力的に行い、保育雑
    誌「エデュカーレ」に記事を執筆。)

日時: 12月10日(日)午後1 時30分より4時まで

場所: 貫井地区区民館会議室1・2にて
   (西武池袋線中村橋駅徒歩3分)

主催: 練馬区保育園父母連合会(練馬ふぼれん)
   (練馬区教育委員会委託『子育て学習講座』)

講座の内容:家庭と仕事の両立をテーマに、企業や行政の支援施策やその問
      題点などを萩原久美子さんよりお話いただき、それを受けて、
      参加者で話し合いを行います。

※保育あります
(ひとりにつき100円。保険料、おやつ代)。必ず、事前の申し込みが必要です。12月3日までに事務局へお申し込みください。(保育を申し込まれた方は、開始10分前にお越しください)

※チラシをダウンロードできます(PDF)→コチラ

プロフィール

練馬ふぼれん

Author:練馬ふぼれん
練馬ふぼれんは、区内の保育園の父母会や保育園に子どもを預けている父母があつまって活動している会です。正式名称は「練馬区保育園父母連合会」といいます。詳しくは、父母連ホームページをご確認ください。

ブログ検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク